ウクレレ、初めてでも気軽に音が楽しめる?

手軽で、南国ハワイの雰囲気いっぱいの癒しの音を奏でるウクレレは この頃人気の度合いを高めているようですね。 楽器を弾きたくても、経験するチャンスのなかった者にとっては 嬉しいブームなのです。 教えてもらえるチャンスや場所が、サイトも含めて 以前よりズット増えていますから。 ウクレレは、一人で歌いながら、 またハミングしながら弾くのも良いですが、 最終的には多勢で弾く方が、楽しい楽器であることは 間違いないですね。

というのも、ウクレレはコード進行がメインの楽器ともいえますから。 それはそうなのですが、 多勢で合わせる前に、個人で弾けるようになっておくことが 先決ですよね。 ウクレレのよいところは、楽器も小さいですが、 弦がナイロン製ということもあって音も大きくならないので、 自室で迷惑かけずに練習することが可能なんですよね。 練習と言ってもコード(和音)を 順に覚えていくものなので、難しいものはないわけで…。

左利きの人も、悩む必要はないようです。 弦の張り方を逆にしても良いし、 何も換える事なく、右利きと同じように 左利きで弾いても、支障はないようです。 要は、和音をしっかり奏でられれば、良いわけですものね。 ウクレレは、初心者でも肩の凝らない ‘扱い易くて、覚えやすい楽器’と言われるところなんですね。 ウクレレにも種類があるので、初めてだと 楽器屋さんで選ぶのに迷うことが、ままあるようです。 小型ギター様のくびれのあるスタンダード型でも くびれのないパイナップル型でもOK。