学生がクレジットカードを作る意義について

近年、学生や主婦の間でもクレジットカードを作成する人が増えているといわれています。その理由として、カード払いを行うことができる商業施設や家電量販店、飲食店、コンビニなどが増加していることや、ゼミナール形式の授業やサークル活動の合宿などによってさまざまな出費が必要になる機会が増えたことにあるといわれています。学生がクレジットカードを作成する場合には、学生の保護者の年収や勤務先、勤続年数などをもとに審査が行われることが一般的であり、学生本人の収入について問われることはあまりありません。各金融機関やクレジットカード会社は様々な利便性の高いサービスを展開して加入者数を集めようと企業努力を行っていることが伺えます。また主婦は配偶者の収入の審査があります。

また、近年は若いうちからカードを作成することは多くのメリットがあるといわれています。たとえば、これから先はカードを使うことのできる機会がますます増えてゆくといわれているため、現金を使わない支払い方法に慣れてゆくことは重要です。また、将来的に海外に旅行したり出張に行くという場合においては、外国によってはカード払いが社会人としての常識として扱われているところもあるため、ホテルや飲食店、観光地などにおいてカードは至る所で役に立つといわれています。国内ではカード払いをするたびにポイントが貯まることが多く、買い物をする際にも通常価格よりも安い価格で買えるということもあり、カードを持つことのメリットは非常に大きくなっています。また、年会費無料というクレジットカードも多いので、小遣い帳。家計簿代わりに利用する場合もあるようです。